Loading

BLOG

絵を描く

Pocket

小学校の低学年の頃、学校の先生に凄く誉めてもらったことがありました。牧場(栃木の田舎に住んでいた)へ写生に行った時、描いた牛を誉められたんですよね。

小学校中学年から転校して、美術は誉められなくなりました。成績も1でした。中学も1だったかな。勉強も運動も美術も音楽も全部出来ない、スーパー出来ない子になりました。(こうなると、何のやる気も起きなくなるんですねーー)

高校に入り、いきなり美術で学年トップ10になりました。何をやったわけでもありませんでしたが、先生が誉めてくれました。そして、美術を目指そう!ということになったんですよね。他に出来ることがなかったから。

絵を学ぶと目から鱗がぼろぼろ

形。そう、デッサンと呼ばれるものがあります。形を把握する練習。見えてるものを写すだけ。答えをみながら写すだけ。

素敵な響きですが、これが、なんと難しいことか。輪郭を描いた時点で失敗となります。そう、ものには線が無いんです(髪の毛除く)。

形の濃淡があるのみ。なんちゅー哲学的な❗

そこそこ上手くは描けますが、ぶっちぎりとはならない。目がオートフォーカスなので、頭で抑制しながら描く❗いや、難しすぎでしょ。。。

今まで当たり前に見ていたものを、美術眼鏡で見ると全然ちがうんですよね。目から鱗が❗な発見がやまもり。

楽しいのやら、辛いのやら。

そして、いまでも絵を描きます。そこそこ上手だとはおもいますが、自分の理想には程遠く。希に偶然凄く良いのができますが、続きません。かなしいかな、継続あるのみ。なんですね。

ということで、継続しながら日々研鑽です☺️

クロッキーです。練習ですね。

暑いと笑顔

しっぽのやくめ

関連記事

  1. ルアナと夢のマイホーム

    2019.10.18
  2. あと5日

    2020.03.20
  3. ウルトラ

    2019.11.26
  4. 懐かしの公園

    2019.09.26
  5. 昨日はごめんね

    2019.11.17
  6. 猛暑

    2020.08.28

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP