Loading

BLOG

しっぽのやくめ

Pocket

びょーんと真横に伸びている時や、ぺろーんと下に垂れているときがあるんですよ、家の子。しかも、結構多いんですよ。

他の柴犬を見るとかなり巻いています。シナモンロールばりにガッツリ巻いています。

家の子もパピーな頃は寝癖のように、腰の辺りに尻尾が載っていた跡がついていたんですけど。

怖がっているのか?などと色々心配もしましたが、凄くうれしい時以外は、何だか伸ばしたり垂らしたり、自由にしていますね。

本に書いてあることが正しいとは思えない時もよくあります

1歳過ぎた頃(だったと思います)、ドッグランで他のワンコに追われて小さなコブからジャンプしたんですが、そのとき尻尾を舵のように使っているのを見て、ビックリしました。

もちろん、怖い時は股に挟んだり、ポジティブに興奮するときは、フリフリワンワンしますが、真横とかやや斜め下にしたからと言って、つまらない訳ではないんですよね。

凄く集中したりすると、尻尾がおざなりに。

家の子に限っては、そういう事らしく。気持ちとリンクするときとおざなりになるときがあるようで。一概に本書かれているその説明とは違うんですよね。

ステレオタイプにハマらない、家の子。案外、他のワンコたちもそうなのかも知れませんね☺️

そりゃそうだ、人だって千差万別❗柴犬だって、千差万別でないとおかしいですよね~☺️街灯の上にとまってる鳥をみてる

絵を描く

毛深~い

関連記事

  1. カナダでの生活

    2019.08.17
  2. 第3台場

    2019.09.28
  3. 噛まれてもいい

    2019.08.07
  4. おあづけ

    2019.12.09
  5. 大丈夫な子

    2019.07.28
  6. 絵を描いている間は自分との闘い

    2019.09.15

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP